2019年09月20日

令和元年度 中央シンポジウム―事例に学ぶ―
事業場は、リスクアセスメント、作業環境管理にどのように取り組むか

中央シンポジウムは65名のご参加をいただき終了しました。ご来場いただきありがとうございました。

中央シンポジウム テーマ

―事例に学ぶ―事業場は、リスクアセスメント、作業環境管理にどのように取り組むか

日 時

2019年9月19日(木) 13:30―16:20

会 場

東京グランドホテル3F「桜の間」

プログラム

(以下、敬称略)

13:30―13:40 開会挨拶および全国作業環境測定・評価推進運動について
公益社団法人日本作業環境測定協会
13:40―14:10 基調講演
最近の労働災害事例から考えること

加部 勇((株)クボタ筑波工場 産業医)
14:10―14:40 報告
事業場の作業環境改善事例

土屋 眞知子(土屋眞知子コンサルタントオフィス代表、元・(一社)静岡県産業環境センター技術顧問)
14:40―14:50 休 憩
14:50―16:20 パネルディスカッション
事業場は、リスクアセスメント、作業環境管理にどのように取り組むか
司   会: 髙田 志郎(一般財団法人京都工場保健会 顧問)
パネリスト: 加部 勇((株)クボタ筑波工場)
土屋 眞知子(土屋眞知子コンサルタントオフィス)
大野 満(三菱重工業(株)神戸造船所)
宮田 昌浩(東京理科大学 環境安全センター)
神津 進(HOYA(株))