金属アーク溶接等作業に伴い発生する「溶接ヒューム」が特定化学物質の第2類物質に指定され、金属アーク溶接等作業に係る作業環境管理、作業管理が強化されます(令和3年4月1日施行)。

現に金属アーク溶接等作業を継続して行っている屋内作業場については、令和3年4月1日から令和4年3月31日までの間に空気中の溶接ヒューム中のマンガン濃度を測定しなければなりません。また、令和4年4月1日以降は、屋内作業場で金属アーク溶接等作業の方法を変更しようとするとき等についても同様です。

今回、厚生労働省より担当官をお招きし、制度改正の経緯や具体的に事業者が取り組むべき事項等について説明会(無料)を実施することといたしましたので、作業環境測定機関、作業環境測定士の皆様には、奮ってご参加ください。

開催要領

日  時参加方法会  場参加申込フォーム
令和3年2月4日(木)
14:00―15:30
会場参加または
ライブ配信(Zoomウェビナー)
によりご参加ください
三田NNホール
東京都港区芝4-1-23
三田NNビルB1階
お申し込みはこちらから
※1月28日(木)15:00まで
定員(会場、ライブ配信とも)になり次第、受け付けを締め切らせていただきます。新型コロナウイルス感染症予防のため、なるべくライブ配信によりご参加ください(質問は参加申込フォームより事前に受け付けます)。
ライブ配信はZoomウェビナーにより行います。
Zoomを初めてご利用の場合は、あらかじめテストミーティングに参加 - Zoomより、インターネット接続や動画・音声などについてご確認ください。
視聴にあたっての不具合については対応いたしかねますので、何卒ご容赦ください。

溶接ヒュームに係る改正法令説明会のお問い合わせ先

公益社団法人 日本作業環境測定協会 事業推進部

TEL:03-3456-5852  
FAX:03-3456-5854